知れば簡単!ビットコインの仕組み - 今知りたいビットコインの仕組み

知れば簡単!ビットコインの仕組み

▼目次


ビットコインを理解しよう!

今、ビットコインバブルが沸騰しているなか「ちょっとやってみようかな」と思っている人も多いのではないでしょうか。
よく耳にする"ビットコイン”ですが、その実態はIT知識のないものにとっては、なかなか見えてこないのが実相です。
そこで、ここではまず、ビットコインの仕組みをIT分野不得意な人にも分かりやすくご説明いたします。

まずは、ビットコインって何?という基本的なギモンですが"政府が発行しているお金以外の通貨”であるということになります。
つまり「ビットコイン」という通貨の替わりのアドレスをインターネット上での交換のやり取りで、買い物などの取引ができるもの、と言い換えることができます。

そしてその仕組みですが、市場でのビットコインの流れと、IT技術上のビットコインの仕組みの両面の仕組みが存在しています。
つまり市場でビットコインは実際にどうやって流用されているのか、という市場の側面の仕組み。
一方でそのビットコインはどうやってIT技術が活用され安全な運営をされているのか、という"円”でいうところの、造幣局や金融の側面からの仕組みがあります。

ビットコインは、お金なので通常のお金のように、たとえばモノを購入するときには、そのビットコインでモノの売買をします。
ですが、ビットコインは政府レベルで公式に認められていないため、市場でも使える場所と使えない場所に分かれています。
どこでもビットコインが使えるわけではないのですね。

仮想通貨取引所とは?!

さて、そもそもビットコインを使ってみたいという希望のある人は、まず「仮想通貨取引所」などへ登録してビットコインを購入します。
ビットコインは利用可能なお店やサービスなどでの利用、そしてビットコインそのものの価値の変動を、投資のように使ったりするなどの利用法があります。
そして購入したビットコインは、インターネット上で"ウォレット”と呼ばれる財布の機能を持つ、ネット上保管場所へ入れておきます。
このウォレットは、オンラインとオフラインで保管でき、オンラインウォレットで、すぐ取引ができるようにしておいて、オフラインウォレットで使わないビットコインをしまっておけるという重宝さがあります。

次にビットコインのやり取りにはビットコインアドレスを作成し、一つ一つの取引を行います。
このアドレス作成には「暗号鍵」を生成したという言い方がされます。
暗号鍵は、「秘密鍵」と「公開鍵」のペアでアドレスを作成し、「公開鍵」では取引は公開され公正な認証を受け、「秘密鍵」で自分のウォレットの保管をするという「公開用」と「私的な保管用」に使われます。

ビットコインは誰もが取引を知ることのできる、P2Pシステムで運営されているところが、電子マネーなどのサーバー一括管理型と大きく違う点です。
一人ひとりの利用者のPC上でのすべての取引は公開されながら行われるので、ビットコイン取引上での犯罪性を高度に防ぎながら、安全な運営が図られています。

技術的な運営にはブロックチェーンというシステムが取り入れられ、マイナー(採掘者とも)と呼ばれる運営技術者たちがPC上で行われているビットコイン取引を記録していっているのです。
彼らはその記録作業でまた、利益を上げてもいます。
10分ごとに記録作業は行われているのですが、その記録作業は競争形式になっています。
一斉に行われるマイナーたちの記録作業は、誰が一番早く作業が終了したかを競い合い、トップのマイナーへはビットコインがもらえる仕組みです。

通貨単位 BTCについて

ビットコインはBTCという単位で表されていますがこれはビットコインの通貨単位です。
"円”とか"ドル”などと同じですね。

さいごに

ですので整理しますと、ビットコイン利用者たちは仮想通貨取引所などで登録を済ませ、ビットコインで様々な取引を行い、その取引はマイナーたちが10分ごとにPC上で記録を行う作業を競争で行い、トップにはビットコインの報酬がもらえるという仕組みで運営されているわけです。
サーバー型ネットワークシステムとは違い、ビットコインはP2P形式で誰もが対等な立場で取引を行います。
そこには権力による強制などはありません。
ですが、サーバー型ネットワークにはしっかりとした安全管理ができているなか、安心して利用できるという利点があります。

ビットコインは運営管理面に於いて、安全性を図る様々な取り組みが行われています。
現在は法律で取引所でも本人確認は行われていますが、以前はそれがありませんでした。
著名性が高く、悪用されてしまいがちな面も確かにあります。
しかし、ビットコインは取引データをブロックチェーンというシステムで構築されています。
このブロックチェーンという取引データの管理システムは3種類のデータ「トランザクション履歴」「ハッシュ値」「ナンス値」から成っていて、この3種のデータの計算方法がビットコイン運営システムの犯罪を防いでくれるような複雑な計算式になっているので安全が保たれてもいます。